menu

LIFE DESIGNあなたの未来の設計図

自分らしい生き方を
見つけるために、
未来をデザインしよう。
画像:ライフデザインイメージ
画像:ライフデザインイメージ
画像:ライフデザインイメージ
画像:ライフデザインイメージ
GO!

10年後、20年後の未来を
思い描いてみよう!

画像:未来のイメージ

進学・就職・結婚・子育てなど人生に大きな影響を与えるライフイベント。
「日々の勉強や仕事で精一杯」「先のことなんてまだ分からない」
そんな方も多いと思います。
でも、そのタイミングを迎えた時に迷子にならないよう
一度立ち止まって考えてみませんか。
10年後、20年後…“こうなりたい!”と思う未来の自分を思い描くことで、
あなたらしい人生を歩める きっかけになることを願っています。

自分のライフデザインを
描いてみよう!

未来へのイメージをふくらませて、ライフデザインをつくってみましょう。
今は想像もできないことでも、夢や目標を思い描くことで、やるべきことが見えてくるかもしれません。

LIFE CHOICES

画像:ライフデザインイメージ 画像:ライフデザインイメージ
画像:ライフデザインイメージ 画像:ライフデザインイメージ
画像:ライフデザインイメージ 画像:ライフデザインイメージ

DATA-人生設計のヒント集-

どんなライフイベントを経て、どんな人生を歩んでいきたいか、あなたの目の前に広がっている選択肢はさまざま。
人生の先輩達が歩んできた道を、統計データを通して覗いてみましょう。
あなたのライフデザインを描くヒントにしてみてください。

REPORT-先輩達の声-

ライフデザインにチャレンジした若い世代の人達や、
今まさに大きなライフイベントに向き合っている人生の先輩たちの声を紹介します。

画像:宇都宮 久美子さん

悩むよりも、まずは
チャレンジしてみることが大切だと思う。

タウン情報Wink福山・備後 編集長

宇都宮 久美子 さん(42歳)★取材当時

夫と3歳の息子さんとの3人暮らし。大学卒業後、地元・福山でUターン就職するが、小さい頃から憧れていた雑誌編集への夢を追って(株)アスコンへ転職し、Wink編集部へ配属。その後、販促支援の部署を経て、現職。Wink編集部で初のママ編集長。

画像:町 一希さん

自分がどんな人生を送りたいか、
考えるきっかけに。

広島県健康福祉局経営企画担当 主任

町 一希 さん(38歳)★取材当時

妻と3人の娘さんとの5人暮らし。大学院卒業後、広島県庁へ入職。配属先で出会った奥様と結婚後、3人の娘さんを授かる。3人目の出産後、育児休暇を取得。

画像:広島修道大学 柳下さん、正円さん

ライフデザインする
ことで、
未来の自分に
ワクワクしました。

広島修道大学 1年生★取材当時

柳下さん(写真左)
正円さん(写真右)

広島工業大学でライフデザインセミナーを開催した際、インターンシップで広島県庁に就業体験に来ていたお二人。セミナー開催当日は、運営のお手伝いをしてもらいながらセミナーに参加して、ライフデザインシートを考えてもらいました。

画像:ライフデザインセミナーイメージ

やってみるといろいろ
気づけて
面白い!
ライフデザイン

県立広島大学

看護学生ー7名

県立広島大学の三原キャンパスでライフデザインセミナーを実施し,実際に”未来の設計図(ライフデザイン)”を作成してもらい,感想や思ったことなどについて意見交換を行いました。

TRIVIA-世界のおもしろトリビア-

世界中には、古くから結婚・妊娠・出産にまつわる様々な風習やしきたりがあります。
現代に暮らす私たちからすると、ちょっとびっくりするようなものから、 今でも行われているものまでたくさん!
ここでは、結婚・妊娠・出産にまつわる世界のトリビアをご紹介します。

画像:花言葉イメージ
花言葉

愛の告白の定番、バラの花束。
本数で意味が変わるんです!

プロポーズの定番花束。実は本数によって意味が変わるんです。有名なのは108本の「結婚してください」ですが、99本なら「永遠の愛」、40本が「真実の愛を誓います」、3本は「愛しています」を意味します。もともと、花言葉は17世紀トルコの花に想いを託して恋人に贈る「セラム」という風習から生まれたと言われています。恋人に伝えたい想いによって花や本数を変えると素敵ですね。

画像:フィンランドイメージ
フィンランド

出産はサウナの中で!?

サウナ発祥の地と言われ、家庭用サウナが普及しているフィンランド。なんと、約100年前まではサウナの中で出産が行われていました。暖房もなく、今のように衛生的な生活でもなかった当時は、サウナの中が暖かく衛生的で、出産場所として最適だと考えられていたそうです。

画像:マレーシアイメージ
マレーシア(東部)

難産のときは
シャーマンを呼んで出産

マレーシアでは出産は霊的な攻撃を受けやすいと考えられていて、産婆さんはお産を手伝うだけでなく、悪霊から母子を守るための儀式を行っています。さらに難産の場合は、産婆さんと一緒にシャーマンが呼ばれ、産後に悪い霊が侵入するのを避けるため、母親の周りにナイフや先の尖った金属、かさの柄が呪物として置かれます。

画像:マザーグースイメージ
マザーグース

花嫁の幸せを祈るおまじない

「なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの、なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの、そして靴の中には6ペンス銀貨を」そんな「マザーグース」の歌が由来となっているサムシングフォー。「古いもの」は「受け継がれる家族の絆」、「新しいもの」は「新生活への希望」、「借りたもの」は「幸せな結婚生活」、「青いもの」は「家族への真摯な愛情」、「6ペンス銀貨」は「経済上の安定」を意味し、英米を中心に200年以上前から結婚式に取り入れられています。

画像:アメリカイメージ
アメリカ

出産の主流は
「ドライブスルー」

アメリカでは「サッと入って、サッと退院する」、まるでドライブスルーのような出産が主流です。その理由は、適用される保険制度。日本だと出産後5〜7日間入院するのが一般的ですが、アメリカは保険適用の関係から、自然分娩は48時間までに、帝王切開で96時間までに退院するのが一般的です。

画像:フランス・日本イメージ
フランス・日本

国によっていろんな風味が!?
世界の産湯事情

生まれてきた赤ちゃんを洗う産湯。18世紀前半のフランスの産湯には無塩バターか卵黄が入っており、ときにはワインやブランデーも加えていました。また、日本の江戸時代の産湯には酒、塩、米のとぎ汁などを入れていました。これらには、生命力を身につけさせ、丈夫に育ってほしいという願いが込められています。

恋とか愛とか(仮)×ひろしま県民テレビ
Special Episode「行動する兄妹」

深夜の恋愛バラエティ番組「恋とか愛とか(仮)」と県の結婚支援事業である「みんなでおせっかい『こいのわ』プロジェクト」がコラボして特別番組を制作!
兄役は本編でもおなじみのさいねい龍二さん、妹役は仁井田薫さんに演じて頂きました。
番組中では、本サイトに掲載されているライフデザインのワークブックとステッカーも登場!ぜひご覧ください。
※本動画は2018年夏に放送されたものです。

CONTENTSワークシートを
ダウンロード

LIFE DESIGN WORK BOOK

ライフデザインマップを作成するための専用シートと、ライフイベントのステッカーをダウンロードできます。印刷して、ポイントをメモしながら使ってみましょう。

ライフデザインマップを作成するための専用シートと、ライフイベントのステッカーをダウンロードできます。
印刷して、ポイントをメモしながら使ってみましょう。

COLLABORATE-協力-

LIFE DESIGN WORK BOOK
ワークショップの様子in叡啓大学

サイトのリニューアルにあたり、
叡啓大学の学生さんと
ワークショップ(全2回)を
開催しました。

実際にライフデザインマップを描いてみたり、学生同士で意見を出し合ったりしながら、サイトについて「どんな情報が必要か」「同世代の人たちに”ライフデザインについて考えるきっかけ”として使ってもらうには、どんな工夫ができるか」など、当事者目線でたくさんのアイデアをいただきました。