LIFE DESIGN あなたの未来の設計図

LIFE REPORT

− ライフレポート集

自分がどんな人生を送りたいか、考えるきっかけに。

PROFILE

広島県健康福祉局経営企画担当 主任
町 一希さん(38歳)

奥様と3人の娘さんとの5人暮らし。大学院卒業後、広島県庁へ入職。配属先で出会った奥様と結婚後、3人の娘さんを授かる。3人目の出産後、育児休暇を取得。

不安はあったけど、案外何とかなる。
妻とは職場の配属先で出会いました。2年お付き合いをして「これから先、この人となら人生一緒に歩んでいける」と気持ちが固まったタイミングで結婚しました。結婚して家庭を持つというライフイベントを選ぶ際、金銭面や子育て環境などの不安要素はもちろんありました。でも、全部ひとりで背負わなくても、相手への気持ちがしっかり固まっていれば案外なんとかなるものなんだな、というのが結婚してみての実感です。
役割はきっちり決めず、協力しながら柔軟に。
現在は妻も復職して共働きなのですが、子どものいる生活になって、タイムマネジメントが格段に上手くなりました。子どもがいると予期せぬ事態が起こることが多いのですが、妻と協力して、時には両親をはじめとした周囲の助けも借りつつ何とか乗り越えています。例えば、子どもが病気になったときには、自分が午前休、妻が午後休を取って交代で看病したり。役割はきっちり決めず、お互いの状況によって柔軟に対応しています。
ライフイベント選択は「ゴール」じゃなくて「スタート」
就職、結婚、出産などのライフイベントは、あくまで人生の選択肢のひとつで「選択する・しない」も「どのタイミングで選択するか」も、本人の意思で自由に選べます。ただ、ライフイベント選択はあくまでスタートラインなので、ライフデザインする際は「スタートラインだけでなく、スタートした後に自分がどんな人生を送りたいか」も視野に入れて考えることが大切かなと思います。

わたしの未来の設計図